fbpx
SSL証明書のセットアップ

SSL証明書のセットアップ

Googleは数年前にセキュアHTTP接続(HTTPS)を使用するサイトに検索ランクを優先すると発表して以来、サイトを暗号化することがますます重要になっています。 SSL証明書.

SSLは、eコマース機能やクレジットカード情報やパスワードなどの機密データの収集を備えたサイトにとって不可欠なテクノロジーですが、eコマース以外のサイトでもHTTPSを使用することには利点があります。 検索ランキングが向上するという利点は別として、HTTPS接続は通常よりも速くサイトアセットを読み込むことができます HTTP接続、これもあります ユーザーエクスペリエンスへのプラスの影響。 この記事では、SSL証明書を購入してインストールするための一般的な手順の概要を説明します。

SSLとは何ですか?

Secure Sockets Layersの略であるSSLは、XNUMXつのポイント(通常はサーバーとクライアント)の間に暗号化された接続を作成するインターネットセキュリティテクノロジーです。 解決策として、この方法は、ユーザーがWebサイトまたは電子メール接続のいずれかを暗号化するのを支援します。 SSLはセキュリティプロトコルとも呼ばれ、データの暗号化にアルゴリズムを使用する方法に関する特定のルールの概要を示します。

HTTP(HyperText Protocol)を介したデータ転送はプレーンテキストのみを使用して送信されますが、HTTPSは送信されるデータを暗号化し、社会保障番号やその他の個人情報などのプライベートデータを受信するハッカーやその他の脅威の脆弱性を取り除きます。

SSL証明書は、クライアント(ユーザー)がアクセスしようとしている正しいサイト(Https://www.facebook.com、たとえば)、実際のサイトのように見えることを意図したサイトではありません。 攻撃者は、アクセスしようとしているサイトと同じように見えるように偽のサイトを設定することがよくありますが、実際には、悪意のある目的でユーザーの個人データを収集するために使用されています。

使用しているSSLバージョンは何ですか?

SSL証明書のセットアップより良いことを確実にするために Webサイトのセキュリティ、現在各WebサーバーにインストールされているSSLバージョンを知ることは重要です。 まず、ユーザーはSSLブラウザーのどのバージョンがサポートされているかを確認します。 見つけるために、ユーザーはWebサーバー上のツール、インターネットオプション、および高度なオプションを調べます。 次に、セキュリティの下で、ユーザーは設定メニューを確認します。 設定メニューから、SSLバージョンのリストが参照用に表示されます。

SSLまたはTLSのどちらを使用しているかを知るにはどうすればよいですか?

SSLとTLSはどちらもプロトコルとして機能し、サーバーとユーザー間の情報を保護および保護します。 ほとんどのユーザーはSSLを使用していますが、Webサーバーのセキュリティのためにユーザーはトランスポート層セキュリティ(TLS)も利用できます。 確認するには、ユーザーはWebサーバーにアクセスしてURLを入力する手順に従います。 次に、ユーザーはページを右クリックしてURLのプロパティを表示します。 プロパティセクションから、ユーザーは接続セクションを確認します。 最後に、接続セクションには、そのサイトアドレスの証明書プロトコルのバージョンが表示されます。

SSLはセキュリティに十分ですか?

完全に保護するために、SSLは特定のWebサーバー内のすべての機能を暗号化するわけではありません。 当然のことながら、SSL証明書が適切なインストールを示していない場合、Webサーバー上のコンテンツは不安になりやすいです。 ただし、機密情報にほとんど依存せずにオンラインで操作するユーザーにとって、SSLは十分に単純です。 対照的に、有料の証明書は単一のドメインにサービスを提供するため、無料のSSL証明書と有料のSSL証明書はセキュリティが異なります。 また、データが危険にさらされた後のSSLによる保護はありません。

別の方法として、トランスポート層セキュリティシステムはより優れた保護を提供します。 TLSの場合、プロトコルは競合他社よりも最新のWebブラウザーをサポートします。 利点として、システムはデータ侵害、暗号化の変更、およびメッセージ操作を大幅に削減および防止します。

HTTPSをハッキングできますか?

一般に、HTTPSプロトコルは、ブラウザとサーバー間に暗号化されたリンクを確立することにより、ネットワーク接続を保護します。 接続内のデータも、セキュリティを強化するために暗号化されます。 リスクに関しては、HTTPSは依然としてデータの傍受と潜在的なデータの脅威の影響を受けます。 このプロトコルは、Webブラウザーのセキュリティ証明書全体の有効性をチェックし、サーバー認証機関を検証します。 全体として、HTTPS証明書はセキュリティの向上を示し、Webトラフィックの標準的な規制を満たしています。

 HTTPS経由で送信されるデータは暗号化されていますか?

SSLおよびTLSで暗号化されているため、HTTPSデータはHTTPよりも安全です。 つまり、HTTPSを介して送信されたデータは、エンドサーバーにアクセスしたときにのみ復号化されます。 データの脅威に関しては、HTTPSが傍受される可能性があります。 さらに、HTTPSデータの傍受は、データ送信中にサードパーティの傍受が発生しているときに可能です。 データはWebサーバーキーから公開キーに移動するため、サードパーティのデータ脅威では、データを復号化するためにユーザーの公開キーにアクセスする必要があります。

SSL証明書はどこに保存されますか?

SSL証明書はどこに保存されますか? よく誤解されているように、すべてのSSL証明書は異なる方法で保存されます。 暗号化キーでバインドされたSSL証明書デジタルファイルは、WebサイトのIDとペアになります。 SSL証明書を適用すると、ユーザーは検証のために認証局に送信されるときにCSR(証明書署名要求)を生成します。 または、同じサーバーにCSRとSSLのインストールを生成するユーザーには、秘密鍵が自動的に保存されます。

SSLリクエストの承認後、ユーザーはストレージで使用するためのダウンロード可能なファイルと情報を受け取ります。 ユーザーはファイルから、特定のドメインのサーバー証明書と中間証明書を確認します。 ストレージの目的で、SSL証明書はユーザーサーバーとCpanelWebインターフェイスに保存されます。

SSL証明書の有効期限が切れています

シナリオによっては、ユーザーSSL証明書の有効期限が切れる場合があります。 情報として、期限切れのSSL証明書は、エンドユーザーの証明書の更新の対象となります。 ほとんどの場合、更新通知は、SSL証明書の有効期限が切れる前にユーザーにプロンプ​​トを表示します。 同様に重要なこととして、更新期間は通常、有効期限の前後の短い時間に設定されます。

SSLの有効期限が切れると、ユーザーはデータ暗号化の脅威の影響を受けやすくなり、追加の警告信号が表示されます。 さらに、期限切れのSSL証明書は、より多くのユーザーがサイトにアクセスするのを阻止し、保護なしでより多くの情報を転送できるようにします。 ただし、有効期限が切れている証明書は、受信したデータが復号化されるため、送信データを暗号化する場合があります。

期限切れのSSL証明書を修正するにはどうすればよいですか?

解決策として、ユーザーは特定の手順に従ってSSL証明書の有効期限の問題を解決します。 まず、個人はWebサイトのニーズと有効期間を満たすためにSSL証明書を選択してインストールします。 次に、ユーザーは設定設定からSSL証明書を更新することを選択します。 更新時に、ユーザーはアカウントの詳細と個人情報を確認してSSL証明書を更新します。 文書化とレビューの後、ユーザーはSSL支払いを行う可能性があります。 最後に、ユーザーはWebサーバー設定を介してSSL証明書をWebサイトに登録します。

SSLチェッカー

SSLチェッカーを使用すると、個人はWebサイトをより安全に保護し、リスク警告インジケーターを防ぐことができます。 検証の目的で、ソフトウェアはユーザーにSSL証明書のアクティビティとオンラインサーバーでのパフォーマンスに関する洞察を提供します。 さらに、ソフトウェアは診断を実行して、SSL証明書がさまざまなソースに正しくインストールされていることを確認します。 全体として、SSLチェッカーは、個人が有効で信頼できる機能的なサイトを開発するのを支援します。

スクレープボックス

1 SSLチェッカーはScrapeboxです、Secure SocketLayers用のソフトウェア。 購入可能なScrapeboxは、ユーザーにとって複数のメリットを備えています。 まず、ソフトウェアは、複数の同時接続で高速マルチスレッド操作を発行します。 第二に、Scrapeboxは高度に変更可能であり、検索エンジン最適化(SEO)を強化するための多数の機能を備えています。 第三に、システムには、新規および既存のユーザー向けの無料のアドオンと技術サポートが含まれています。

Digicert

高保証のデジタル証明書プロバイダーであるDigiCertは、個人が利用できるSSL診断ツールです。 サービスに関しては、DigiCertは、信頼できるSSL、プライベートおよびマネージドPKI、および新しいデジタル証明書との互換性を提供します。 SSL証明書の問題を抱えているユーザーのために、このソフトウェアは、SSL証明書のインストールを見つけて検証する使いやすい機能を備えています。 最後に、DigiCertはユーザーの 発見ツール、コード署名証明書管理、およびCSRウィザード。

Qualys SSLラボ

SSL Webサイトのテストでは、Qualys SSLLabsをユーザーが利用できます。 ソフトウェア内で、SSLサーバーテストは、ホスティングドメインを入力するための簡単なフォームを個人に提供します。 スキャン後、Quals SSLLabsはユーザーにさまざまな役立つ情報を提供します。 次に、プログラムは全体的な評価、ドキュメント、および証明書情報を提供します。 証明書に関しては、ユーザーは安全なキー、証明書パス、および認証局を確認します。 全体として、Qualys SSLラボは、より信頼できるサイトとより安全なサーバーを保証します。

SSL証明書のインストール

SSL証明書のインストール SSL証明書を購入してインストールするプロセスは、通常、かなり簡単です。 最も人気のある ウェブホスティングプロバイダ (GoDaddy、Nexcess、 WPのエンジンなど)は、ホスティングパッケージに含まれているか、追加料金で利用できるSSL証明書を提供します。 このプロセスは、ホスティングプロバイダーによってわずかに異なりますが、一般的な手順です。 これらの手順は、概要に従います。

CSR(証明書署名リクエスト)を作成する

CSRファイルには、サーバーと公開鍵に関する情報が含まれています。 ユーザーは、SSLを購入してインストールする前に、まずCSRファイルを生成する必要があります。 通常、ユーザーはcPanelまたは同等のサーバーコントロールパネル設定にアクセスして、この機能を実行できます。

SSL証明書を購入する

ほとんどのホスティングプロバイダーはSSL証明書を提供できますが、提供できない場合は、Symantec、DigiCert、GlobalSignなどの直接SSLサービスを利用できます。 信頼できるソースから証明書を取得していることを確認してください。

SSL証明書をダウンロードする

購入後、SSL証明書を含むファイルがメールまたはホスティングプロバイダーのアカウントパネルから送信されます。

cPanel経由でSSL証明書をインストールする

証明書を取得したら、通常はcPanelのSSLマネージャーを介してファイルをアップロードできます。 または、証明書を専用のテキストフィールドにコピーして貼り付けることもできます。

インストールをテストする

SSLをインストールした後、通常のHTTP://プレフィックスの代わりにドメインの前にHTTPS://を使用して、さまざまなブラウザでサイトにアクセスしてSSLをテストしてください。

SSL構成には、Webテクノロジーの高度な理解が必要です。 経験がない場合は、 ソフトウェア開発者。

アンジェロ・フリシナの日光メディア

著者紹介

アンジェロは20年以上にわたってクリエイティブITの世界に携わってきました。 彼は1998年にDreamweaver、Flash、Photoshopを使用して最初のWebサイトを構築しました。 彼は、HTML / CSS、Flash ActionScript、XMLなどの幅広いプログラミングスキルを学ぶことで、知識と専門知識を広げました。

アンジェロはオーストラリアのシドニーでCIW(Certified Internet Webmasters)プログラムを使用して正式なトレーニングを修了し、コンピューターネットワーキングの中心的な基礎と、それがワールドワイドウェブのインフラストラクチャとどのように関連しているかを学びました。

アンジェロは、Sunlight Mediaの運営とは別に、ウェブとアプリの開発、デジタルマーケティング、その他の技術関連のトピックに関連する有益なコンテンツの作成を楽しんでいます。