ブランド拡張の重要性

ブランド拡張の重要性: 総合ガイド

残念ながら、ほとんどの企業は消費者の関与が低いことに苦しんでいます。 これは当然のことながら、企業が新しいトレンドを理解していないことを示しています。 ブランドの拡張、ブランドの拡張、ブランドの拡張などのコンセプトにより、企業はソリューションへの方向性を見つけることができます。 ブランド拡張が必要な​​ XNUMX つの理由 マーケティング戦略 有益です!

1. ブランドは変わる可能性がある
2. リブランディングはすべての人のためのもの
3. 消費者のライフスタイルを中心にリブランディングする
4. 顧客の信頼を確立する

ブランド拡張とは何ですか?

あらゆる企業が採用している戦略です。 このプロセスは顧客とのコラボレーションで構成されます。 企業はまず顧客が何を望んでいるのかを理解し、それから既存のブランドに合わせた新製品を作成する必要があります。 企業は当初、収益性の高いユーザーを見つけるために、確立したブランドの傘下でさまざまな製品をリリースします。 これはよくブランドのストレッチングと呼ばれます。 第 XNUMX に、企業はブランドを拡張することで、顧客の要望と適切な製品を結びつけ、最も収益性の高い視聴者を決定します。 第三に、ブランドはその核となる価値を消費者の心に直接拡張し、ブランドへの忠誠心と関連性をさらに強化することができます。 最後に、ブランドの拡大に成功することで、組織は独自の地位を高めるだけでなく、複数の製品やサービスに特化する能力を実証することもできます。

ブランド拡張の例

Brand_Extension_Examples

ブランド拡張、または複数ブランド拡張は、 マーケティング戦略 企業がそのブランド名を利用して、同じブランドまたは異なるサブブランドの下で新しい製品やサービスを導入すること。 この戦略の背後にある考え方は、確立されたブランドの認知度、信頼、評判を活用して、新しい商品の成功を促進することです。 これにより、企業は新しい顧客や市場にリーチできると同時に、新しいブランドをゼロから確立するリスクとコストを削減できます。

以下に、同じブランドを使用するさまざまな業界でのブランド拡張、またはマルチブランド拡張の例をいくつか示します。

ファストフードレストラン

マクドナルドは、同じブランドを使用してファストフード業界でマルチブランドを拡張したよく知られた例です。 同社は、看板メニューのハンバーガーやフライドポテトから、サラダ、スムージー、朝食アイテムなどのさまざまなメニュー項目を含むようにブランドを拡大することに成功しました。

パーソナルケア製品

大手消費財企業であるプロクター・アンド・ギャンブルは、同じブランドの傘下で、クレスト歯磨き粉、オーレイ スキンケア製品、パンテーン ヘアケア製品など、幅広いパーソナルケア製品にブランドを拡大することに成功しました。

テクノロジー

有名なテクノロジー ブランドである Apple は、パソコンから iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods などのさまざまな家庭用電化製品に至るまで、同じブランドを使用してマルチブランドの拡張を実行しています。

ファッション

大手スポーツ ブランドであるナイキは、ブランドを拡大して、スポーツ ウェア、靴、バッグなどの衣料品やアクセサリーを展開しています。 「Just Do It」というスローガンは、運動パフォーマンスとライフスタイルの代名詞となっています。

自動車関連

高級車ブランドである BMW は、オートバイや自転車のほか、衣料品、時計、アイウェアなどのさまざまなライフスタイル製品を含むようにブランドを拡大しています。

ブランドの拡張は強力です マーケティング戦略 これは、企業が既存のブランドの認知度、信頼、評判を活用しながら、新しい顧客や市場に到達するのに役立ちます。 企業は自社のブランドをうまく拡大し、 成長を促進する ターゲットオーディエンスと市場を慎重に検討することによる成功。

ブランド拡張のタイプ

ブランド拡張の失敗と製品カテゴリの不一致

ブランドの拡張は戦略的である可能性がありますが、すべてが成功するわけではありません。 ブランドのイメージと新しい製品カテゴリの間に不一致がある場合、ブランド拡張が失敗することがあります。 企業はブランド拡張子の使用方法が異なります。 ブランド拡張の中には、コンパニオン製品、製品形態、企業の専門知識、顧客フランチャイズ、およびブランドの名声などがあります。 他の形式としては、ブランドの区別、コンポーネント、顧客ベースのブランド拡張などがあります。

ブランド ロイヤルティを考慮した Google コンパニオンとプロダクト フォームのブランド拡張

XNUMXつ目は「コンパニオン製品の拡張機能」です。 製品は別の製品と組み合わせて価値を生み出します。 Google メールは、ユーザーに Google クラウド ドライブをセットアップするよう促します。 特に、この戦略は市場で大きな勢いを増しています。 ブランドロイヤルティを構築すると、より多くの製品が利用可能になり、企業はより多くの顧客にリーチできます。 XNUMXつ目は「プロダクトフォーム拡張」です。 Google は、高度な Web 検索と高品質の携帯電話を組み合わせた Google Pixel を顧客に提供しています。 特に、新しい製品カテゴリーはテクノロジーと電話の分野につながり、ブランドロイヤルティを高めています。

ソニーサービス会社の専門知識とさまざまな製品カテゴリーにおける Apple ブランドの差別化

タイプ XNUMX は「企業の専門知識の拡張」です。 企業はさまざまな製品カテゴリにわたる製品を生産しています。 たとえば、ソニーはスマートフォン、スマートウォッチ、スピーカー、ヘッドフォンでテクノロジー分野に対応しています。 彼らは製品を提供するだけでなく、顧客のデバイスのサポートも行います。 自分のブランドをマーケティングする そして製品は「品質」と同義です。

顧客フランチャイズにおける健康ブランドとブランド拡張の失敗のリスク

タイプ XNUMX の「顧客フランチャイズの拡張」では、ブランドは特定の顧客のニーズに合わせて製品を厳選します。 健康製品カテゴリーに参入したジョンソン・エンド・ジョンソン社を例に挙げてみましょう。 幅広い年齢層を対象としたヘルスケア製品を製造しています。 ベビーシャンプー、おむつ、親向けのおもちゃに至るまで、同社はブランドを若い層のニーズに合わせて拡大することに成功しました。 ただし、中核となる製品カテゴリから逸脱しすぎると、ブランド拡張が失敗する可能性があり、ブランド ロイヤルティを損なう可能性があります。

Allen Solly のプレステージ ブランディングと多様な製品カテゴリー

XNUMX 番目のタイプである「ブランドのプレステージ」では、Allen Solly のようなブランドがさまざまな製品カテゴリーに多様化しています。 当初は高級靴で知られていたこのブランドは、男女問わず一般的な衣類にも挑戦しました。 彼らの靴は高価ですが、衣料品はより手頃な価格であり、ブランドが消費者ベース内のさまざまなセグメントにどのように対応できるかを示しています。

Appleのブランドの差別化とブランドロイヤルティの本質

最後に、タイプそのXNUMXは「ブランドの差別化」です。 Apple は単なる製品以上のものを提供する模範的な存在です。 彼らはセキュリティと保護という考えを顧客に売り込み、ブランドロイヤルティを強化します。 競合他社とは異なるこの独自のポジショニングにより、Apple はブランドの枠組みの中で新製品を首尾よく発売することができます。

頭と肩のブランドコンポーネント

「コンポーネントのブランド拡張」はXNUMX番目です。 消費者の好みが市場のトレンドであるという理由で、HeadandShouldersのブランド拡張戦略を説明しています。 新フレーバーのシャンプー商品をご紹介します。 特徴的なブランドと同様に、同社は特徴的な製品から利益を得ています。 顧客はHeadand Shouldersの歴史を持っているので、この変化はトレンドでエキサイティングなものになるでしょう。

トーマスベースカスタマーベースエクステンション

次に進むと、XNUMX番目は「顧客ベースの拡張」です。 Thomas Baseは、企業の革新に頼るのではなく、大規模な顧客ベース向けにForExプリペイドカードを発売しました。 その結果、顧客は、ブランドの旅行サービスがその旅行カードの提供とうまく調和していることに気づきます。 新しい会社や製品とは対照的に、トーマスベースは顧客の忠誠心を利用して顧客のライフスタイルを向上させています。

ブランド拡張の利点

ブランド拡張は、さまざまな方法で企業を高級化します。 企業は競争相手に挑戦し、顧客を満足させ、新製品を革新するために進歩しているため、ブランドは利益、ブランドの露出、顧客満足を通じて利益を得る可能性があります。 他のマーケティング活動と比較して、企業は新しいエントリ、高いリターン、プレミアムステータスから利益を得ることができます。

新しい市場の企業

「新規参入者」という用語は、企業が新しい製品またはサービスの開発に成功したことを表します。 市場に導入された製品またはサービスは期待された利益を示していませんが、まだ残っています 成長の余地. おそらく保証されているわけではありませんが、企業のブランド拡張は、顧客のニーズを満たすというブランドの積極的な目標を他の競合他社に示し、より大きな企業との潜在的なパートナーシップにつながります. 同様に、人々は企業のブランド再構築戦略について話し、将来の将来のブランド拡張についてより受け入れられるようになるでしょう. 新しい市場へのほぼすべての試みは、財務またはブランド関連の成長をもたらす可能性があります。

返品を増やす

次の利点は「より高いリターン」です。 AppleやGoogleのように、新しいブランドイメージの作成を拡大することで、利益が大幅に増加したようです。 まず第一に、ブランド拡張では、顧客がさまざまな業界に拡大する企業の能力に気付く前に、新しい製品やサービスを革新する必要があります。 その結果、競合他社は創造的で生産的なブランドに気づき始め、あなたの会社を多くの業界で多様であると見なし始めますが、専門家はほとんどいません。 これは、顧客のマージンラインを超える製品価格に相当します。

アマゾンとブランド拡張

たとえば、Amazon はブランド拡張のマーケット リーダーです。 Amazon は、オンライン専用の小さな書店として始まりました。 会社はユニバーサルに成長しました 市場. Amazon のお客様は、オンライン ショッピングでパワーと自由を表現します。 割増料金の場合、お客様は同日集荷配送オプションを選択できます。 また、アイテムは物理的な実店舗の場所に出荷され、購入者がアクセスできるようになります。 Amazon はまた、その製品、特に Kindle E-Reader を作成しています。これらの製品は、競合他社よりも信頼性が高く、購入が簡単です。 ブランド拡張は、企業を生産性、ポジティブなブランドイメージ、および増加に向けて導きます。 ブランド認知. 関与する アマゾン代理店 プラットフォーム上でのブランドプレゼンスを最大化するための専門家の洞察とカスタマイズされたソリューションを提供することで、これらの戦略をさらに強化できます。

ブランド拡張のデメリット

ブランド拡張のデメリット ブランド拡張機能を過度に使用すると、特に拡張機能が無関係の市場にある場合、ブランドの信頼性が損なわれる可能性があります。 企業は、どの製品カテゴリがブランド名と一致するかを慎重に検討する必要があります。 新製品の品質が標準に達していない場合、コア ブランドの評判に悪影響を及ぼす可能性があります。

企業は、新製品の成功をサポートするために適切なリソースを割り当てる必要があるため、単にコア ブランドの認知度を活用するだけでは不十分です。 これを怠ると、ブランドイメージを損なうことさえあります。 新たに参入した市場の競争が激しい場合、ブランド拡張は牽引力を得るのに苦労し、最終的に失敗する可能性があります.

ハイリスク、ブランド失敗、および親ブランド失敗は、すべてのビジネスにとって潜在的なリスクです。 より具体的には、ブランド拡張は非伝統的であることが知られており、企業はブランド価値を上げるのではなく低下させるかもしれません。 その結果、ブランドの魅力が低くなると、顧客が企業のブランドに対する支持を失い、企業の目標への信頼が失われ、ライフスタイルに起因する価値が失われる可能性があります。 顧客と同様に、企業はリスクが高すぎるブランドに依存するのをやめたり、資金調達を短縮して新しい市場調査や新製品の設計をサポートしたり、失敗したブランド拡張戦略に関連する特定の親会社でビジネスを制限したりすることがあります。

危険なブランド拡張

未知の市場に参入するビジネスが最もリスクを冒します。 間違いなく、企業は不慣れな市場に参入する前に、研究と確立されたビジネス慣行に依存しています。 最も注目に値するのは、企業は、牽引力を獲得しているが、利益の余地がない製品の製造に苦労している可能性があることです。 したがって、会社は顧客調査、過去のケーススタディ、新しい市場へのアクセスのしやすさ、新しい市場分析を中心に計画を改訂する必要があります。

製品とサービスの障害

完全に新しい業界に参入するという企業の決定には、失敗のリスクが伴います。 通常、企業は新しい市場戦略にコストがかかることに気付く場合があります。 さらに、新しいプロジェクトに追加のリソースを投資する準備ができていない場合、新製品が本格的な市場に参入する前に、製品が停止する可能性があります。 別の例としては、業界の専門家ではないが、その専門家を提供している企業は、ビジネス関係を長期にわたって維持できない可能性があります。

不完全な親ブランド

ブランド拡張は会社全体を傷つける可能性があります。 会社のブランドに関係のない製品は、親会社のプロバイダーに追跡される場合があります。 潜在的に、新製品は一般消費者にとって安全でないと発表される可能性があり、ブランド関連会社が財政的にカバーできない可能性のある将来の料金に対して責任を負うことになります。 その結果、親会社は主流のブランドからすべてのリソースを使い果たします。 同様に、FacebookのCEOであるMarch Zuckerbergは、政府関係者からデータ詐欺違反を発行されていました。 具体的には、Facebookの所有者は、さまざまなサードパーティ企業と個人の消費者情報を共有したことで、2018年に批判と告発に直面しました。 したがって、他の関連するソーシャルメディアサイトは調査中でした。 Facebookのスキャンダルにより、WhatsAppやInstagramなどのアプリはCEOに高い費用を負担させていました。

商標変更

ブランド変更は、他のトレンド市場と差別化するブランドにとって不可欠です。 競合他社にデジタルおよび技術的な能力がない場合、ブランド変更は強力な戦略です。 企業が個人のライフスタイルの改善に焦点を合わせている場合、ブランド変更の最も成功したシナリオは明らかです。

ブランド変更のスケッチャー

特に、Skechersはブランド拡張から利益を得る会社です。 当初、顧客は重くてかさばる靴で通勤することに興味を失いました。 言い換えれば、より軽い靴の需要はスニーカー愛好家の間でより顕著です。 その後、スケッチャーズはカジュアルウェアからアクティブウェアに移行します。 第三に、Skechersは、現在のファッショントレンドに合うアパレルラインで補完されたより軽量な靴を作成します。 その結果、Skechersは、忠実で発信的で幅広い消費者の市場セグメントを確保することを達成しました。 また、ブランド拡張を使用して、顧客のニーズを最優先します。 これらのブランド拡張は、Skechersを開発するアイデアを使用しています。 この場合、Skechersは、ジムや外出先で使用できる衣類のラインを設計しました。

ブランド変更により、企業は消費者のライフスタイルを表す製品を販売するようになります。 それは、企業がどのように運営され、顧客にとってより幸せな未来を開発するためにその目標を再配置するかについて疑問を投げかけます。 すべてのブランド拡張には、生産性、革新性、および顧客へのアピールが含まれている必要があります。

P&Gは「クリーンな」ブランド変更に焦点を当てています

ブランド拡張を使用する会社のもうXNUMXつの完璧な例は、P&Gです。 たとえば、P&Gは、顧客のニーズに合わせて製品を継続的に改善しています。 まず、ライフスタイルを向上させる家族向けのブランド拡張です。 第二に、P&Gブランドは、幅広い製品を通じて「クリーン」なライフスタイルをサポートしています。 クリーンな製品には、歯磨き粉、洗濯洗剤、デオドラント、おむつなどがあります。 この多様性は、その「クリーン」主導の製品ポートフォリオ内で、P&Gが信頼できるものであることを示しています。 同社の革新的な品質は、ブランド拡張がどのように機能するかを定義します。 全体として、このブランドは評判が良く、世界中のライフスタイルを前向きに刺激し続けています。

重要なのは、ブランド拡張は、企業が信頼、ブランド認知、および関連性を伝えるのに役立ちます。 顧客が変化に直面している明確なブランドに気付いた場合、顧客はより積極的に従うでしょう。 ブランド拡張から、クライアントはライフスタイルを変え、周りの人々を形作ります。 成功への道と顧客満足へのコミットメントとして、ブランド変更は未来です。

消費者へのプラスの影響

ポジティブ_コンシューマー_インパクト さらに重要なことに、ほとんどのブランドは、従来とは異なるプロセスからイノベーションを引き出しています。 企業は、顧客と協力して解決策を見つけるための共同プロセスとしてブランド拡張を使用する必要があります。 ブランドは、顧客が愛する人、友人、ブランドからインスピレーションを得ることを理解しています。 ちなみに、関心のない顧客は、ブランド拡張を使用した後、ブランドを積極的に再考する可能性があります。

クライスラー自動車とラジオ

たとえば、クライスラーは、コロンビアの居住者、自動車愛好家、および一般聴衆のラジオリスナーにラジオ局を提供しています。 まず、自動車が増加傾向にあるとき、自動車登録は全国で11.3%増加します。 その後、クライスラーはこの情報をブランド拡張戦略に使用することに成功しました。 結論として、自動車メーカーは通勤者向けにラジオ局を放送しています。

Uberブランド拡張

たとえば、Uberは最初にアプリユーザーに交通手段を提供します。 彼らは家族を助けるので、ブランドは親に優しいブランドです。 輸送に関して、家族は時間の制約が存在することを認めています。 現在、Uberは学校、診療所、介護者、地域のイベントに子供向けの乗り物を提供しています。 若い家族のライフスタイルによると、両親は彼らが彼らの子供のためにいつもそこにいることができるとは限らないことを認めます。 調査によると、親の39%は愛する人を輸送する時間がありません。 Uberはこのニッチ市場を利用して、消費者が望む製品とサービスを提供します。 相乗り会社はすべての顧客と協力して利益を上げます。 特典は、監視対象の子供とUberをコミュニティブランドとして示しています。

ブランド拡張は、企業と消費者をライフスタイルブランドと結び付けます。 企業は顧客と協力して、より安全で健康的でより良い未来を提供する必要があります。 コミュニティ全体が信頼を広めるために企業に依存しています。

このトピックをチェックするための他のいくつかの素晴らしいリソースには、 世界のトップ5ブランディングエージェンシー.

ブランド拡大戦略

企業には、新しいブランドの作成や既存のブランドの拡大など、さまざまな成長オプションがあります。 新しいブランドを作成するコストが高いことを考えると、確立されたブランドの成長の可能性を活用するため、ブランドの拡大が好まれることがよくあります。 ブランドの拡大では、ブランドの確立された評判と信頼性を利用して、新しい製品ラインまたはサブブランドを導入し、それによってブランドのリーチを拡大します。

ブランド拡大には、次のようないくつかのタイプがあります。

  • 形の変化(例:スニッカーズのアイスクリームバー)
  • 成分の移し替え(ニベアボディローションなど)
  • ベネフィット要素の移行 (例: ミスタークリーンによる汚れ消しゴム)
  • 専門知識の伝達 (例: 赤十字社の応急処置キット)
  • アクセサリー商品 (例: ハーレーダビッドソン アパレル)
  • 顧客ベースの使用 (例: ウォルト ディズニー パーク)
  • ライフスタイルの移転(例:ポルシェのサングラス)
  • パーソナリティの専門知識の使用 (例: ジェイミー・オリバーの料理本)
  • 有名人のライフ スタイルの譲渡 (例、ココ シャネルの香水)
  • ブランドイメージの変更による競争の変化(例:アウディ)。

特定のブランドの展開に最適なアプローチを決定するには、徹底的な調査が必要です。 最初のステップでは、ブランドの拡大に適した製品カテゴリを分析して、ブランドの関連付けのメリットを最大化し、それらの関連付けを強化します。

ブランドを拡大するという決定とその方法には、 戦略的プロセス それは数年に及びます。 コンセプトの包括的な概要は、個々のブランド拡大のアイデアの可能性を評価し、誤った判断を避けるのに役立ちます。 分析で考慮すべきもう XNUMX つの重要な要素は、新製品が顧客のニーズを満たす独自のソリューションを提供するかどうかです。 ブランドの拡大はそれ自体が目的ではなく、既存の市場ギャップに有意義な方法で対処する新しいサブカテゴリを作成するのに役立ちます.

ブランド拡張 vs ライン拡張

ライン エクステンションは、企業が既存の製品を利用してバリエーションを作成し、新しい顧客セグメントをターゲットにするマーケティング戦略です。 これは、新しい機能を追加したり、製品のデザインを変更したり、価格を変更したりすることで実現できます。 ライン拡張は、元の製品が到達できなかった可能性のある新しい市場や人口統計にアピールすることにより、ブランドのリーチと顧客ベースを増やすことを目的としています.

ライン拡張は、完全に新しい製品の作成に関連するコストを負担することなく、製品を競合他社と差別化したり、認識された価値を高めたり、新しい市場をテストしたりするために使用できます。 また、ブランドを活性化させたり、既存の製品ラインに新製品を追加したりすることもできます。

回線延長の例は次のとおりです。

  • 清涼飲料の新しい味を創造します。
  • 歯磨き粉ラインに新しいバリエーションを追加。
  • 衣料品の新しいカラー オプションを開始します。

ブランドが新製品の独自の利点を伝え、ターゲットの顧客セグメントに効果的に売り込み、同じカテゴリーの他の製品と差別化できる場合、製品ラインの拡張は成功する可能性があります。

ただし、新製品が消費者の共感を得られなかったり、顧客を混乱させてブランドのイメージを薄めたりする場合、ラインの延長はブランドにとってリスクとなる可能性があります。 ブランドにとって、ライン拡張が既存の製品ラインに及ぼす潜在的な影響を慎重に検討し、元の製品と新しい製品の違いを効果的に伝えることが不可欠です。

まとめ

結論として、ブランド拡張は、企業がブランドを成長させ、新しい市場へのリーチを拡大するのに役立つ戦略的ツールです。 確立されたブランドのポジティブな連想と評判を活用することで、企業は競争上の優位性を獲得し、顧客ロイヤルティを構築し、収益源を増やすことができます。

ただし、ブランドの拡張には注意が必要です。 一歩間違えば、ブランドの評判が損なわれ、消費者が混乱する可能性があります。 ブランドは、その価値と使命に沿った、顧客に明確なメリットを提供できる拡張機能のみを検討する必要があります。

ブランド拡張を成功させるには、慎重な計画、市場調査、および継続的な監視が必要であり、それらが顧客のニーズを満たし、ブランドの全体的な成功に貢献していることを確認します。 慎重に検討して実行することで、ブランド拡張はビジネスの成長と成功のための強力なツールになる可能性があります。

アンジェロフリシナ

Sunlight Media LLC の CEO 兼創設者である Angelo Frisina 氏は、世界中で専門的なデジタル マーケティングおよび Web 開発サービスを提供しています。

SEO、Web デザイン、デジタル マーケティングの豊富な経験を持つ Angelo は、現代のビジネスのニーズを理解しています。革新的なソリューションと優れた結果に重点を置くことで、ビジネスが急速に成長し、競合他社を上回れるようになります。Angelo は、期待を上回ることへの情熱によって、クライアントの成功に尽力しています。

SEO 戦略を専門とする Angelo のクライアントには、地元企業、新興企業、非営利団体、政府機関、地元企業が含まれます。Sunlight Media LLC はクライアントと緊密に連携し、優れた顧客サービスを重視しながら、ユニークで効果的なソリューションを開発しています。

22 年以上の経験を持つ Angelo は、WordPress、Magento、PHP/Laravel、Joomla!、Shopify などのプラットフォームで何百もの Web サイトを最適化し、進化するデジタル環境においてクライアントが検索エンジンで上位にランクインできるようにしています。

すべての記事